スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツは身を助ける

スポーツ自転車とメンテナンス
「芸は身を助ける」ということわざがあります。私の場合、それとは少し意味合いが違うと思いますが、スポーツが身を助けたのに違いはありません。私は13歳から卓球を始めました。中学の部活は卓球部です。本当は好きではありませんでした。家族に勧められて断り切れなかったのです。私は屋外のスポーツが好きでした。兄は野球部でした。ですので、私はサッカーをやりたかったのでした。なかなか踏ん切りがつきませんでした。もうこれ以上延ばせないと思い、仕方なく入部しました。

私は卓球の才能があるとは思いませんでした。しかし、県大会で上位の成績を残しました。高校進学のさい、ある強豪校から誘いを受けました。その誘いを受け3年間練習に励みました。就職にも有利に働きました。スポーツ推薦で、一流企業と呼ばれる会社に入社できました。仕事とスポーツの両立です。私の人生は、スポーツなしには語れません。そのような親の願いとして、10歳になるひとり息子にも、スポーツに興味を持ってもらいたいと願うばかりです。

Copyright (C)2017スポーツ自転車とメンテナンス.All rights reserved.