スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツのポジション選びとは

スポーツ自転車とメンテナンス
スポーツには団体競技と個人競技がありますが、どちらを選ぶかはやりたいスポーツがあるのか、もしくは自分の性格や特性によって決めることもあります。父親が野球をやっていた場合には、自分の子供にも同じように野球をやってほしいと思うのは、親心ですが、こちらも子供の気持ちを無視すると、スポーツ自体が嫌いになってしまいます。楽しさを教えて、自分から率先して野球をやるならばいいのですが、実はサッカーに興味があったり、剣道などの個人競技に興味を示すかも知れないです。人は、周りの環境に影響されることがあるのですが、積極的にやりたい種目をやらせたいものです。

そして団体競技でも、自分の持ち味を活かせるポジションがあります。野球であればピッチャーとキャッチャーでは全く違いますし、サッカーでもフォワードとディフェンダーでは特性が違ってきます。野球であればピッチャーに必要な要素としては、コントロールとスピードボールになり、その為には柔軟な肩関節などの適性が必要です。サッカーのフォワードであれば、素早く動くことが出来るフィジカル的な要素と、とにかく足が速いことが挙げられます。そしてボールに対する執着心がないと、ゴールを奪う点取り屋にはなりません。

Copyright (C)2017スポーツ自転車とメンテナンス.All rights reserved.