スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツ自転車とメンテナンス

スポーツ界を激震させる可能性のある陸上男子100M

スポーツ自転車とメンテナンス
昨年4月に高校3年生が陸上男子100Mで脅威の10秒01という日本歴代2位の記録を叩き出しました。この選手、高校2年次に10秒19という記録を出しているのですが、実はこの記録は17歳歴代世界最高記録であり、あの当時のウサイン・ボルトの記録をも上回る衝撃的なタイムなのです。つまり、同じ年齢のボルトには記録的に勝っているということになります。

この選手は夏の世界陸上の日本代表にも選ばれ、4×100Mリレー入賞にも貢献しました。この選手の記録は日本中で騒がれることとなりましたが、賑わったのは新聞やメディアだけでなく、実は日本の陸上短距離界の活性にも大きく影響を与えていたのです。この選手の出現により、他の100Mや200Mの選手も歴代ランキングに入るような記録を続々と叩き出しており、まさにこの選手の効果が感じられるものとなりました。

活気立つ日本の陸上短距離界ですが、やはり目指すのは「世界」です。日本短距離陣が過去の世界大会で決勝に残ったのは戦前にわずか一人だけです。2020年には東京五輪があります。目指すところはこの舞台での決勝進出といったところだと思います。この選手に刺激を受けて、他の選手や今の中高生もどんどん記録を伸ばしてゆき日本の陸上短距離のレベル、更には他のスポーツ界をも世界レベルに上がっていってもらいたいものです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017スポーツ自転車とメンテナンス.All rights reserved.